2007年03月13日

どっちも大きいお買い物

こんぬつわ

12余り石から作ってみれば?という口車に乗せられて
先週あたりからせこせこと石を握っているにんぽっぽです。

今のところ4000貫使って成果無しw
途中で出来た13〜10の半端石を売って1000貫ちょっと補填しましたが
なかなかに茨の道ですねぃ。
もっとも、付与石作りはギャンブルなので4000貫くらいじゃブレの範囲内か?

万貫突っ込んで見事に解けたら楽市に逃げるかもしれませんw






さて、話は変わってテレビのお話。

現在稼働中のブラウン管が結構前から半死半生の状態で、まともに映りません。
お婆ちゃんの斜め45度チョップで今まで騙し騙し使ってきましたが、
最近この技も通用しなくなり、いよいよお亡くなりの時期が近づいてきている模様。

流石に限界か、、、と言うことで新調計画を立てました。

買い換えるとすると、液晶、プラズマ、リアプロが選択肢に上がりますが
使用目的、環境を考えると、

・サッカーとか、そこそこ動きの激しい番組を良く見る
 →残像少ないプラズマかリアプロがいいなぁ

・信Onを始め、ステータスウィンドウなど画像が固定されるゲームを良くやる
 →プラズマだと焼きつきがちょい怖だなぁ。でも気をつけて使えばOKか?

・フルHD対応の周辺機器を使っていない
 →そのうち買うかもしれないけど、とりあえずハーフHDでもいいや

・部屋の間取り的に、適正サイズは26〜32
 →サイズ的に液晶しか選択肢がないぃ



と、間取りの問題で選択肢が液晶しか選べませんw
無理をすれば37のプラズマも置けるんだけど、テレビ台も専用の奴を使うことを考えると
やっぱりちょっと苦しい。

次の契約更新前に、50型くらい置ける広い部屋に引っ越そうかな、と思っているのですが
現行のテレビがそこまで持ってくれそうにないので、とりあえずの繋ぎということで
液晶を買うことにしました。


ってコトで、32型のめぼしい機種をリストアップして
某大型量販店を何件か回って実物を見てきました。
主に見てきたのは以下の機種。


SHARP(AQUOS-LC32GS10)
 同インチでフルHDモノとハーフHDモノを並べておいていたので見比べて見ました。
 32インチでもフルとハーフの違いは判りますねぃ。
 価格差が結構あるので、繋ぎで使うのならハーフでもよさげ。

 なお、残像感、画質・色彩は悪くはないけど良くもない、と言った感じ。


東芝(REGZA-32Z2000)
 動きの少ない場面での画質・色彩は他2機種に比べてダントツ。
 ただ、残像感はAQUOSと大差ありませんでした。


Panasonic(VIERA-TH32LX75S)
 残像感は全メーカー中で一番少なく感じました。動きが多い映像メインならこれかな?
 ただ、色彩はちょっとダイナミック過ぎる感じがしました。


価格的にはそれほど大きな差はないので、

・動きの少ない映像を多く見るならREGZA
・動きの多い映像メインならVIERA
・AQUOSはどちらもイマイチ。32インチでフルHDが欲しければコレ

という感じでした。

画質ではREGZAが気に入ったんですが、自分の用途だとVIERAがベストマッチ。くまったw

画質や色彩はある程度調整できるだろうからVIERAにしようかな〜〜

posted by (´ー`* )))) あ〜ん♪ at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
繋ぎのTVなら価格最優先とか言ってみる
Posted by ちょんまげ at 2007年03月15日 17:54
えへへ、買っちゃったw
Posted by (´ー`* )))) あ〜ん♪ at 2007年03月16日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。